パソコンが壊れた時

パソコンというのは壊れることがある。ただ壊れただけならば、パソコン修理に出せばよいがパソコン修理はお金もかかるし時間もかかる。そして何より持ち運びが厄介極まりない。
なのでパソコンはなるべく自宅で修理したほうが手間もかからないし、治せばすぐに使えるようになる。なのでパソコン修理の技術を覚えておいたほうが何かと便利だ。

パソコン修理をすると言っても、もし使っているものがメーカー品ならば、パソコンを分解するの早めたほうが良い、メーカー品は分解すると保証の対象外になってしまい、修理出来たのに修理できない状態になってしまうなんてこともある。そうなってしまったら最悪で、残ったのは半ばガラクタとなったパソコンだけだ。

初心者がすべきこと

壊れかけのパソコン

もしメーカー品ではなく、パソコンショップの店員さんが作った自作パソコンを購入しているのなら、自分でパソコン修理をすることも可能だ。しかし、初心者の場合はパソコン修理をするのは良いがどこが壊れているかなんてわからないものだ。
もし壊れた場所が特定できるのならば修理はできるが、どこが壊れたかわからない場合は大人しく修理に出そう。それが結局のところ一番確実だ。しかしそれでは冒頭に言ったパソコン修理の技術は身につくことが出来ない。
ならばどうすればよいのか。

当記事では、こういったパソコン初心者のための話をしていく。なぜ壊れたのか、どこが壊れたのか、どうすればよいのか、そういった基礎中の基礎の話をしていこう。